ごあいさつ

 株式会社 平成商事は、皆様方のご支援により、平成元年に設立致しました。

 近年、ダイオキシン汚染に対する危機感は、地球規模で高まる一方です。しかし、これほど汚染が問題になっていながら人々の不安が解消されないのは、ダイオキシンの発生をゼロに抑える決定的なPCB処理技術がなかったからです。

 平成商事は、PCB処理について、環境問題に深く関心を持った島環境アセスメントカンパニー(代表取締役 島袋照芳)と共同開発を進め、又、琉球大学 工学部の技術指導を受け、「移動式PCB焼却システム」を開発し、国際特許を取得致しました。

 この「移動式PCB焼却システム」は、移動式ですので、PCBのある場所へ出向き、その場所で処理致します。PCBを移動する必要がなく、移動時の危険性はありません。

 焼却する熱源は、プラズマで2,500から3,000度の超高温処理し、水フィルター、高精度フィルターでろ過することにより、ダイオキシンの発生をゼロにします。このシステムは、無騒音、処理水の放流も一切ございません。 弊社は、地球の環境を保全、保護することを目指して、日々研究しております。

 今後とも皆様方のご愛顧の程お願い申し上げます。

株式会社 平成商事
代表取締役 當山征男(発明者)


略歴
S38年 沖縄県立北部農林高等学校卒
(生物化学部門 文部大臣賞受賞)
S40年 沖縄県農業試験場(現在農業大学)
研究過程終了
S45年 米国国防省派遣にてジョンソン島に
おける毒ガス処理建設に監督として従事
H元年 地球環境保全に向けた平成商事(株)を設立
H12年 PCB焼却設備(国際特許取得済)

会社案内


  ■会社名 株式会社 平成商事

  ■所在地 本社 〒901-2114
   沖縄県浦添市安波茶1-32-13(大平インタービル102)
   TEL:098-943-3636  FAX:098-943-3637

支社 〒543-0002
   大阪市天王寺区上汐5丁目7-9-903
   TEL:06-6942-2576

  ■設 立 平成元年1月9日

  ■資本金 1,000万円

  ■代表者 代表取締役社長 當山征男

  ■事業内容 環境汚染の対処・研究及び開発
地質学(地層・岩石)の研究
その他これらに付随するもの一切の研究及び開発







沿革


  平成元年 平成商事設立
毒物(PCB)無害化処理プラントの研究を開始する

  平成03年 毒ガス処理等危険物処理技術者として、クウェートにて湾岸戦争後の
火災消火活動に従事

  平成09年5月 PCB無害化処理技術完成 特許庁にて技術公開開始

  平成10年 特許技術に基づき、PCB無害化処理プラント製造開始

  平成11年3月  PCB処理プラント完成
清掃工場における、ゴミ処理後のダイオキシン無害化処理技術完成
無公害真空炭化装置製造技術完成

  平成12年1月 PCB焼却設備特許取得済み

  平成17年11月  (財)沖縄県環境開発センターにてダイオキシン類の焼却処理測定

  平成23年12月  福島県にて放射線の除染実証





このページのトップへ